安定した利益で潤う家計|出費を抑える投資用ワンルームマンション

つみ木の家

記事一覧

フレキシブルな宿を運営

アパート

世界的に話題の民泊

現在、世界的にairbnbというサービスが話題になっています。これは民泊を仲介するネットサービスで、一般の家の部屋や使っていない商業施設の部屋などを、一時的に宿泊施設にして解放するという仕組みです。宿泊施設に必要な資格や届けなどが必要ないので、人が住まなくて持て余している部屋や建物を臨時的に宿泊施設に出来るのがメリットです。世界的なイベントなどで観光客が一気に押し寄せる時期だけ、宿をフレキシブルに増やせるというメリットがあります。この民泊を世界中で同じようなサービスを出来るようにしたのがairbnbです。世界遺産など各国から観光客が来るような地域は、簡素でも安い宿泊施設が求められているので、airbnbは人気の選択肢です。

専用企業に運営を依頼する

今ではairbnbを代行するサービスまで登場しています。資格や届けなどが必要ないといえど、外国人も多く利用するairbnbは言語の壁や、国によっての宿泊の仕組みの違いがトラブルになることもあります。そこで、専用企業が宿泊施設の運営を代行することで、代行業者はホテルよりも簡単に宿の運営ができ、建物の所有者はairbnbの運営をお任せできて収入を得ることができます。これから東京オリンピックなどで観光客が一時的に急増することが多くなると予測される日本では、airbnbのような柔軟に使える宿泊施設が求められることが予測されます。複雑になりがちな宿の運営は、代行業者を利用することでトラブルが少なくなります。